精力剤の成分「アルギニン」

 

精力剤で精力増強!安全性・信頼度の高い精力剤はどれ?

 

アルギニンはアミノ酸の一種でサプリメントやドリンク剤にも多く含まれており、精力剤としても注目されています。体内で生成することができる非必須アミノ酸に分類され、成長期には欠かせない成分です。

 

血流を良くする効能に優れており、成長ホルモンの分泌を促し、筋肉増強や疲労回復、アンチエイジングや肥満の改善など生活習慣病の改善にも効果があります。血流改善の効果で精力剤にも多く含まれています。クラチャイダムやマカにはアルギニンが多く含まれているので人気があります。

 

昔から精力剤として有名なすっぽんエキスよりも、はるかにアルギニンの含有量が多いことでも関心が集まっています。食品の中にも肉や大豆にも多く含まれますが、効果を期待するには3,000mgの摂取が理想なので、食事だけでは無理があります。

 

アルギニンは体内で一酸化窒素の生成を促します。生成された一酸化窒素は、環状グアノシンーリン酸を活性化させます。環状グアノシンーリン酸は勃起をもたらす物質ですので、活性化されることは勃起力をパワーアップし高めることに繋がり、精力成分として有効です。アルギニンの効果で血管を拡張し血流を良くしますので、海綿体に流れる血液の量も多くなり、男性の性器の強化促進にも有効です。アルギニンが不足すると精力減退や免疫力が衰えることになります。

 

アルギニンが精力増強によいからと大量に摂取し過ぎても体に良くありません。WHOやFAOなどの国際機関は、アミノ酸のバランスのよい摂取を推奨していますし、何よりも強酸性ですので、大量の摂取は胃への影響も考えなくてはなりません。精力に効くからと摂取量を無視したために下痢を起こすケースもありますので注意が必要です。

 

サプリメントなどで一日の摂取量を提示してあるものは、それに従えば問題はありません。副作用がなく、精力剤としての効果を期待するには一日に3,000mgを理想とし、4,000mgを上限と考えて摂取すればよいでしょう。

精力アップに亜鉛が効果的といわれる理由とは?

 

精力剤で精力増強!安全性・信頼度の高い精力剤はどれ?

 

しばしばセックスミネラルと呼ばれる程亜鉛が精力の向上に効果的な理由は主に2つあります。まず亜鉛は人体にとっての人体の機能を正常に維持するために不可欠の必須ミネラルであり、味覚の維持や肌や髪の毛の製造のために、そして何よりも精子の材料として使われます。

 

この亜鉛が不足してしまうと、精子を作るための材料が足りなくなってしまい、その結果精子の数が減るだけでなく精子の運動率まで低下してしまいます。

 

この精子の質と量の低下が精力減退の一因である以上、亜鉛を十分に摂取する事によって精子の量と質が改善され、結果精力の向上につながるという事になります。また亜鉛は勃起能力を向上させる働きがあるとされており、この事も精力の向上に重要な働きであると言えます。2つめの理由としては亜鉛を摂取することによってテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの量が増加すると言われています。

 

このテストステロンというホルモンはやる気や闘争心の向上、感情の低下の防止、そして性欲の上昇を促す効果があり、精力を上げるためにはこのホルモンを増加させる事が重要となります。このテストステロンは主に男性の睾丸内で作られ、その量は20代が最も多く作られ、年をとるにつれて次第に減少し始めます。

 

問題なのは体内のテストステロン量が減少するとそれを補うような形でジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンが分泌されてしまう事です。このジヒドロテストステロンはやる気の減退、性欲の低下、など精力の低下を引き起こしてしまいます。

 

ジヒドロテストステロンはテストステロンが体内で5aリラクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことによって生まれるのですが、亜鉛はこの2つが結びつく事を抑える働きがあり、結果としてジヒドロテストステロンの減少につながります。このジヒドロテストステロンを抑え、テストステロンの分泌量を増やすと言う働きが、亜鉛が精力の向上にとても有効なもう一つの理由です。

精力剤はどこで買う?薬局?ドラッグストア?通販?

 

精力剤で精力増強!安全性・信頼度の高い精力剤はどれ?

 

精力剤と呼ばれているものは、勃起障害であるEDや早漏、遅漏などの射精障害、精子数の減少、性欲の減退など、様々な男性に生じる性機能や性トラブルを改善することを目的とした、医薬品やサプリメントの総称となります。
精力剤は種類や配合されている成分によって、効果も変わってくる特徴があります。
多くの男性の場合には加齢であったり、仕事の疲労やストレス、喫煙や食生活の乱れなどからくる生活習慣などが原因となって、勃起障害や精力の減退などの症状が現れます。

 

精力剤の種類 としては、血管を拡張させる作用が得られるものや、疲労の回復、滋養強壮効果があるもの、男性ホルモンの分泌量を促進させるものなどがあります。
精力剤の購入方法としては、市販されているものであればドラッグストアや薬局でも購入できます。
ドラッグストアや薬局で購入するときには、疲労回復を目的としたものや、滋養強壮効果が得られるものを選択することとなります。
一方で、一般的なドラッグストアなどでは購入することができず、通販のみで販売されている商品も存在します。
通販で取り扱いが行われている商品としては、強い効果が期待できるものや、海外で製造されているものが多い点が特徴となります。
通販であれば、主成分としてシトルリンを使用しており、2000mgという高濃度を実現している精力剤を購入することができます。
他の精力剤と比較して、強い勃起改善効果が得られることが期待できます。

 

天然成分を配合している精力剤であれば、体のことを考えたときに安心して使用できるメリットがあります。
アメリカで製造されているED治療薬を取り扱っている通販サイトもあり、従来までの治療薬とは異なる成分が配合されている商品を購入したいときには、通販を利用することがおすすめとなります。

 

漢方系の成分を配合していて、雄牛や鹿などの動物のペニスを使用している精力剤も販売されており、滋養強壮に高い効果を発揮する冬虫夏草の成分の商品も選択できます。

精力剤の中にはED(勃起不全)に効果的な商品もある?

 

精力剤で精力増強!安全性・信頼度の高い精力剤はどれ?

 

精力剤は一般的に更年期における男性を対象とした、性機能の改善および健康のために用意された商品群の総称です。医薬品も存在しますが、ほとんどがサプリメントとなる健康食品で、ドラッグストアなどでも手軽に購入することが可能となっています。人の精力は年齢による老化を原因として徐々に衰えていき、体力的な側面もあることから、仕事への意欲の減少にも繋がる問題とされます。加齢以外にもストレスや喫煙、飲酒といった生活習慣にも根付いており、血流が停滞することで全身の細胞が衰え、何をするにも気力が湧かないという状態に陥ることが精力減退に繋がります。

 

一般的な精力剤はこうした問題を解決するため、全身の末梢血管、特に陰部への血流を増進させることを目的とし、同時にミネラル不足による性ホルモンの分泌を促進させることで滋養強壮や疲労回復の効果を発揮させるものです。使用される成分は実に様々なものがあり、滋養強壮に良いと言われているスッポンやマムシなどの動物性のものや、マカ、トンカットアリ、ニンニクといった植物性のものを含み、さらにシトルリンやアルギニン、トリプトファン、亜鉛といったミネラルやアミノ酸を多く含みます。

 

男性の性機能の大きな問題となるEDは、陰茎の海綿体に十分な血液量が流れないことから起こる問題があり、その原因として血行不良が考えられます。運動不足や偏った食事をしていると血液が凝固したり血管が詰まりやすくなることで血液循環が上手くいかなくなり、いざ性行為をしようとしても海綿体に血液が流れずに勃起ができなかったり、すぐに萎えてしまうということになります。精力剤は血液の流れを促進させる働きを持つ成分を多く含むため、EDの改善に期待ができるようになっています。病院で処方される医薬品のような即効性は期待できませんが、継続的に飲むことで健康的かつ精力的な肉体になることで、本来の硬い勃起ができる可能性は高まります。

20代で勃起障害になってしまう場合の原因とは?

 

精力剤で精力増強!安全性・信頼度の高い精力剤はどれ?

 

勃起障害に悩むのは以前は中高年の男性が多かったのですが、現在はより若い20代の方でもこうしたEDの症状に悩むケースが増えてきました。

 

中高年の方の勃起不全の原因となるのは加齢による血行不良などが主なものですが、20代など若い方の勃起障害を若年性勃起不全といいまた違った原因で引き起こされることが多くあります。

 

若年性勃起不全の理由となるのがもともとの陰茎の器質的な問題が原因となる器質性のED、そして心理的な原因が引き起こす心因性EDです。

 

このうち圧倒的に20代の勃起不全の原因として多く見られるのが心因性のEDで、これは性交渉が初めての人や、初めての相手とのセックスの際に起こりやすい症状です。

 

セックスの際に十分な勃起を得るためには、性的興奮と陰茎に十分な血流が伝わるある程度のリラックス状態が必要になりますが、何らかの原因で極度の緊張が起きてしまったとき、十分な勃起が得られないケースがあるのです。

 

性的興奮よりも緊張や焦りの方が優ってしまったとき、陰茎へ十分な血液が流れずに勃起不全になってしまうこうした状態は20代などの若い世代に多く見られる症状です。

 

以前女性にペニスのサイズをからかわれたり、セックスの熟練度を指摘されてしまったなどの経験がトラウマとなってEDを引き起こすこともありますし、幼少期に両親から性的なものが悪いものという極端な教育を受けたことが理由で勃起不全になってしまうケースもあります。

 

また20代の方に起こりやすいEDにバーチャルEDというものがあります。

 

これはアニメや漫画など、2次元の世界にのめり込んでそうしたものでマスターベーションを繰り返すうちに、現実の女性に対して勃起することができなくなってしまう状態です。

 

こうしたバーチャルEDが原因の勃起不全の解消法は、生身の女性とのセックスは相手のことを思いやりながらの交流が必要ですので、マスターベーションとは全く違うことを理解すると同時に、パートナーの女性の協力を得ながら改善していくことが大切になります。