人間は血管とともに老います。

 

60代男性に選ばれている精力剤は?

 

60代になると身体のあちこちにガタがくるのも、血管が酷使されて老いてくるからです。人生の途中に血管を取り替えることはできませんから、血管が老いるのは誰しも仕方ないことです。

 

60代ともなれば、60年以上使い続けてきた血管が弾力を失い始めます。いわゆる動脈硬化で、高血圧、体内の水分量の低下、新陳代謝の低下、などによって年齢とともに進んでいきます。

 

ED(勃起障害)の原因でも、動脈硬化は多いです。60代になるとかなりの割合の男性が動脈硬化により勃起しづらくなっていると言われています。
また、60代になると男性ホルモンのテストステロンの分泌量も低下して、性欲減退が起こることもあります。
まとめると、60代では動脈硬化と性欲減退の2つの問題解決が先決になります。
これに役立つ精力剤は「アルギニン」と「シトルリン」が配合されているものです。

 

「アルギニン」は成長ホルモンの分泌を促したり、血管を拡張させるNO(一酸化窒素)の生成に関与したり、血流を改善させる、などの効果があります。
「アルギニン」は単体でとると効果が弱いですが、「シトルリン」と一緒にとると相乗的な効果が得られます。
成長ホルモンの分泌が促されて男性ホルモンの分泌量が増えれば、ペニスへの血流が改善してEDが改善したり、性欲がアップする可能性があります。

 

そのほか、60代の男性に選ばれている精力剤に含まれている成分には、血行促進効果が期待できる「イチョウ葉エキス」などが配合されています。「イチョウ葉エキス」は育毛剤など血行改善効果が欲しい時に使われることも多く、狭い範囲の血行促進への効果も期待できます。
また、60代では食が細くなって栄養不足に陥ることも多いです。栄養バランスの偏りや不足が起こると性欲減退につながります。
これを補完する目的で、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどがバランス良く配合されたものも選ばれています。