シトルリンの効果

 

精力剤に含まれるシトルリンの効果とは?

 

シトルリンはアミノ酸の一種で、効能が優れていることからスーパーアミノ酸と称されます。日本では医薬品の成分でしたが、2007年8月17日から非医薬品にも使えるようになり、現在では代表的な健康食品の栄養素です。海外の国々は日本よりも早くシトルリンに注目しており、アスリートのためにサプリメントがたくさん販売されています。

 

しかしシトルリン自体は日本で1930年に発見されました。スイカから見つかったので、スイカの学名が名前の由来です。シトルリンには精力を増進させる効果があります。体内に入るとアルギニンに変わり、同時に一酸化窒素も生成します。一酸化窒素は血管を拡張する働きがあるので血流を改善します。血行が良いことは全身の健康に良い影響を与えますが、勃起もその恩恵を受けています。勃起は海綿帯に血液が流入しなければ起こりません。

 

血行が良いと流れる血液が増えるので、ペニスの硬さや大きさがアップします。体の調子が良いと性欲も高まるので精力剤によく含まれています。また血管は硬いと傷つきやすいですが、一酸化窒素によって拡張されると、柔軟性が加わって丈夫になります。血管が強化されると筋肉繊維も太くなるので、筋肉をつけたい人にもおすすめです。

 

シトルリンには、骨や筋肉を作ったり疲弊した体を修復する成長ホルモンの分泌も促進します。筋肉は疲労が溜まるとアンモニアを発生させますが、シトルリンは肝臓で無毒化させて尿素に変えたり、疲労物質の乳酸を減らしたりするので、1日の疲れを溜め込みません。

 

血管を広げるので血圧が下がります。高血圧の予防になりますが、病院から降圧剤を処方されている人は、血管が下がりすぎる恐れがあります。

 

またシトルリン血症という病気を持っている人も摂取できません。アンモニアを尿素に変えることができない病気で、精神障害や肝不全、痙攣などを起こします。ただし珍しい病気なので、ほとんどの人が安心してシトルリンを摂取できます。