ソフォンってどんな成分?

 

ソフォンってどんな成分?ペニス増大効果があるの?

 

ソフォンは赤ガウクルアとも呼ばれており、メコン川流域に自生しています。マメ科コチョウア属の熱帯植物で、幹を切ると赤い樹液が出てきます。現地のタイでは根の部分を食べていました。ソフォンはペニスのサイズアップに効果があります。そのメカニズムは、デヒドロエピアンドロステロンという男性ホルモンや成長ホルモンの原料となるホルモンを分泌することです。

 

このホルモンは20代前半にたくさん分泌されますが、徐々に減って70代になるとピーク時の10%まで減少します。男性は年齢を重ねるにつれて自力では勃起したりペニスを大きくしたりすることができなくなるので、ソフォンが注目されています。

 

また勃起不全に悩んでいる場合にも有効です。通常は性的な刺激を脳が感知すると、ペニスに多くの血液を届けるためにcGMPという物質を放出します。

 

しかし勃起不全ではPDE5という酵素がcGMPを分解してしまうので、十分な大きさや硬さになりません。ソフォンには勃起を阻害するPDE5の働きを抑制する効果があります。ペニスを増大させるにはまずソフォンを摂取して2時間〜6時間後に勃起させます。

 

すると勃起を邪魔する筋肉が緩むので血液がたくさん流れ込みます。血管に異常がなく加齢による勃起不全であれば、通常よりも血流がアップしてペニスの膨張率がアップします。

 

これを数ヶ月間続けると、膨張した状態を体が記憶するのでペニスが勃起していなくても大きくなります。同じような作用があるものにバイアグラやシアリスなどの医薬品がありますが、ソフォンにはこれらのような副作用が出ないので、毎日のようにサイズアップに取り組めます。タイに行かなくても日本でソフォンを配合した商品を入手することはできます。

 

しかし市販には流通していないのでインターネットで購入するのが主流です。偽物を販売する悪質な通販サイトの危険性も考慮して、信頼できる通販サイトから注文すると良いです。